• ホーム
  • 未分類
  • 【悲報】通勤電車の乗換回数が東京は多く、大阪は少ないという結果wwwwwwwwwwww

【悲報】通勤電車の乗換回数が東京は多く、大阪は少ないという結果wwwwwwwwwwww

未分類
【悲報】通勤電車の乗換回数が東京は多く、大阪は少ないという結果wwwwwwwwwwww

【悲報】通勤電車の乗換回数が東京は多く、大阪は少ないという結果wwwwwwwwwwww

1: キドクラッチ(catv?)@\(^o^)/ [JP] 2016/10/14(金) 08:33:07.09 ID:ID:6SqzZtI20●.net
電車での通勤・通学で避けて通れないのが乗り換えだ。ここでも一定の時間が必要になる。
乗り換えの回数という点では、JRの「上野東京ライン」開業や地下鉄と私鉄の相互乗り入れ拡大が進む東京の鉄道網が有利なようにも思えるが、
実際にはわずかな割合とはいえ、乗り換えが少ないのは大阪という結果が出ている。

マクロミルの調査によると、通勤・通学の際に「乗り換えがない(0回)」と答えた人の割合は、東京が28%なのに対し大阪は35%。
最も多いのは東京、大阪ともに乗り換えが「1回」のケースだが、こちらも東京が46%、大阪が40.3%と東京が上回っており、実際には東京のほうが乗り換えを強いられるケースが多いことがわかる。

これに対して、乗り換えの際に要する距離は近畿圏のほうがわずかに長い。2015年に実施された第12回大都市交通センサスの速報版データによると、首都圏の乗り換え移動距離(水平方向移動距離)の平均は191.6m。
これに対し、近畿圏は220.3mと30mほど長い。だが、ラッシュ時の乗り換えに要する時間はどちらも同じで、平均約4.4分。
オフピーク時なら首都圏は平均約3.4分、近畿圏は約3.8分と差が出るものの、首都圏の乗り換え駅のほうが混雑が激しいためか、ラッシュ時には通常より1分ほど余計に時間がかかってしまうのだ。

このような、通勤・通学の際に電車に乗っていない時間を合計してみると、乗り換え回数1回の場合、東京(首都圏)では25.4分、大阪(近畿圏)では27.4分。
電車の乗車時間以外で実に30分近い時間を要していることになる。乗車時間では「30分~35分」が最も多いという結果を重ね合わせると、これで通勤時間はほぼ片道1時間に達してしまう。

全文ソース
http://toyokeizai.net/articles/-/140017

引用元: 通勤電車の乗換回数が東京は多く、大阪は少ないという結果 何故なのか

続きを読む

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL