SMAP中居正広が最後の歌収録で号泣

未分類
SMAP中居正広が最後の歌収録で号泣

SMAP中居正広が最後の歌収録で号泣

1: 2016/12/08(木) 11:08:13.76 ID:GyejdLymp
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161208-00000011-pseven-ent

 まず収録されたのは、12月5日放送分のライブコーナーで、ゲストは久保田利伸(54才)だった。久保田は木村が大ブレークしたドラマ『ロングバケーション』(1996年)の主題歌を歌っていた縁もあり、スマスマへの登場は最多の8回目。

「木村さんが久保田さんに笑顔で話しかけるなど、普段と変わらず、撮影は進んでいきました」(番組関係者)

 ゲストライブが終わると、メンバーは楽屋に戻り、再び衣装を着替える。準備が進むと、しだいに緊迫感がスタジオを包み始めた。

 この日以降、歌の収録の予定はない。つまり、次に収録するのが、5人で歌う最後の曲なのだ。5人がセットに立つ。数十人のスタッフが固唾をのんで見守るなか、流れ始めたイントロは、『世界に一つだけの花』だった。

「20年続いた番組のファイナルである12月26日放送に向けて収録しておきたいと番組スタッフ側からメンバーに提案したところ、それはメンバーの気持ちも同じでした。

“これまで支えてくれたファンたちへ最後にやっぱり届けたい曲、それならば歌う曲はこれしか考えられない”と5人の気持ちが一致したんです」

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL