日本発祥の言葉「tsundoku(積ん読)」が海外で話題に・・・

日本発祥の言葉「tsundoku(積ん読)」が海外で話題に・・・

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/10/17(水) 19:58:41.68 ID:ID:ngEuP/g70.net
海外にはない表現
私たちは何かを表現し伝えたいときに「言葉」を使うが、それで世の中のすべての現象を説明できるのかというとそうでもない。

「コレを表現できる言葉があればいいのに」といったニーズは潜在的に人の心にたくさんあって、
ネットなどで誰かがそれにぴったり合った造語を作ると爆発的に流行したりする。

これに関連して、先日アメリカのメディア・ニューヨークタイムズに掲載された、
日本の「ある言葉」を紹介したエッセイが話題になっている。

エッセイのタイトルは、「買ったけどいまだに読んでない本達。これを表現する言葉があります。」

とりあえず買うんだけど、読まない。この心理は万国共通であるらしい。
エッセイ内では「本棚はその人の心を映すシンボル」
「本を増やし続ける人は新しいアイデアや声に耳を傾ける重要性を知っている」と表現されている。

金融デリバティブの専門家・ナシム・ニコラス・タレブ氏は、「買ったけどいまだに読んでない本達」のことを「アンチライブラリー」と呼ぶよう提唱しているそうだが、
エッセイの著者は「アンチライブラリーがいい言葉だとは思わない」とばっさり。
そして、「日本語の『積ん読(tsundoku)』という言葉がピッタリだ」と書いている。

「積ん読」という言葉が生まれたのは明治時代のこと。
「積んでおく」と「読書」をかけあわせたかばん語である。
最近は電子書籍が普及してきて、本を「積む」という表現は伝わりにくくなっているかもしれないが、
「買ったのに読まずにそのままになっている」という意味では、今後も使われていくかもしれない。

【tsundoku】日本の言葉「積ん読」が海外で話題になっている
https://edmm.jp/83003/

All Those Books You’ve Bought but Haven’t Read? There’s a Word for That
https://www.nytimes.com/2018/10/08/books/review/personal-libraries.html

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1539773921

続きを読む

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【画像】新しいウルトラマンの戦闘シーンワロタwwwwwwwwwwwwww
【悲報】冨樫義博さん、ジャンプ50周年記念に謎のイラストを描いてしまうwwwww
STU握手会の2ショット写真wwwwwww
noimage
【悲報】まーんさんがとんでもない飯テロ写真をアップロードするwwww
【文春】乃木坂46西野七瀬がディレクターお持ち帰りwwww
【悲報】とうとうAKB48がSKE48お得意の競艇場での営業をはじめるwwwwwwww
【朗報】桜井日奈子さんが美少女コンテストに応募した理由、可愛すぎるwwwww
【悲報】菅野美穂、クソみたいなメンバーのママ友会に入ってたwwwwwww (※画像あり)
【悲報】AKB北海道全国握手会が超選抜は参加せず雑魚メンばかりwww
noimage
【朗報】梅田彩佳さんの現在
noimage
noimage
彡(^)(^)「けものフレンズは優しいアニメ、みんなフレンズやで」

Menu

HOME

TOP